アーティストは初登場枠が面白い

毎年大晦日には、NHKテレビでは紅白歌合戦が行われ、それを毎年楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか。 紅白歌合戦には何十年も前から連続出場しているアーティストの方もいれば、その年初出場のアーティストもいて、とてもバラエティにとんでいるのでとても楽しめます。 特に初登場の方たちを見ていると、その年がどのような年だったのかということを反映しているようで、とても感慨深く見てしまいますよね。 また、もともと音楽に詳しい方の場合には、その年の紅白歌合戦に初登場するアーティストを予想するのも楽しいと思いますし、あまり音楽に詳しくない方であってもその年にどんな曲が流行ったのか、どのような新人が出てきたのかということが一目でわかるので、目新しい発見があったり素敵な曲を初視聴できたりと大変有意義な時間になりますよね。 近年ではゴールデンボンバーが初登場したときには、かなりの衝撃を受けた方も多いと思います。 楽器を持っているバンドスタイルでありながら、楽器をひかないという新たなスタイルを作り上げた彼らは、ある意味この自由な時代を反映しているといっても過言ではありません。 また、面白いのは初登場の方を予想するだけではなく、トリや大トリはだれになるのか?ということや、今年一番華やかな衣装を着るのは誰なんだろうか?ということを予想するのも大変面白いです。 さらに司会者に関しても、その年話題を集めた人が選ばれることが多いですし、審査員に関してもその年活躍したスポーツ選手や俳優さんが多く選ばれています。 このようなことからも紅白歌合戦はその年を振り返る意味で大変意義のある番組です。 現在では紅白歌合戦の視聴率が低迷している傾向にはありますが、改めて紅白歌合戦をいろいろな視点で見てみるととても面白く、家族みんなで楽しめる番組だということがわかります。 是非、みなさんも今年は新しい視点で家族みんなで紅白歌合戦を楽しんでくださいね。


▲ページトップに戻る